畳の裏返し

畳の新調・畳の表替・琉球畳 岡峰畳店
畳の新調・畳の表替・琉球畳 岡峰畳店
お問い合わせ
  • マイページ
  • カートに入れる
  • お問い合わせ
  • 畳の新調
  • 畳の表替
  • 琉球畳・縁無し畳

畳の裏返し

畳表を裏返し、縁を張り替えて、
新品のような畳に
リフレッシュします。

新品の畳を使い始めてから3~5年ほど経過すると、
畳表が日に焼けて変色したり、擦り切れたりします。
この時期に行うのが、畳の裏返しです。
畳床から一度畳表を剥がし、畳表の劣化した面を裏に、裏にあったきれいな面を表にします。畳表は両面を使う事ができるため、畳を裏返して元どおり取り付けることで、新品のような畳表になります。

畳表の痛み具合にもよりますが、
目安として2~3年以内であれば十分に青々とリフレッシュすることができます。ただし、表の傷みが激しい場合は、裏返できない場合もございます。その場合は、畳の表替えをおすすめします。

畳の裏返しの流れ

お問い合わせ

畳縁(へり)

  • 選べる畳縁70種類

畳の裏返し 対応エリア

富山県:

富山市

射水市

小矢部市

氷見市

高岡市

砺波市


石川県:

金沢市

津幡町

かほく市

中能登町

宝達志水町


羽咋市

内灘町

※対応エリア外のお客様も気軽にご相談ください。

pagetop